スポンサーリンク

ヨガとチャクラ

ヨガとは

こんにちは。葉月(@x017S7QNBF2eVHS)です。

チャクラとは、背骨にそって、体の中心軸あたりに存在する、エネルギーポイントのことで、サンスクリット語で「車輪」の意味を持ちます。体の内側の小宇宙と、宇宙を繋ぐスポットです。チャクラは、プラーナの貯蔵庫であり、霊的エネルギーの中心体です。人間には、7つのチャクラが存在し、それぞれのチャクラが相互に影響し、エネルギーが出入りします。感情や生命力、ホルモンなどを支配します。

チャクラのエネルギーバランスがくずれると、精神や肉体に不調が出やすいと言われています。ヨガのポーズ(アーサナ)や瞑想、呼吸はチャクラを活性化させたり、エネルギーバランスを整える効果があります。

スポンサーリンク

ムーラダーラ・チャクラ(第1チャクラ)

会陰または尾骨のあたりにあります。感情や精神、肉体などをサポートしてくれるエネルギー。ムーラダーラの意味は「根っこ、支えるもの」です。このチャクラは別名ルートチャクラと呼ばれ、人生の土台となるチャクラです。シンボルは4枚の蓮の花弁の真ん中に、大地を表す四角形、その中に女性器を表す逆三角形が描かれ、三角形の中にはクンダリーニの蛇が眠っています。全身の生命力を司ります。衣食住のバランスや、地に足がつけているような、どっしりとした安定感、精神的な落ち着きを与えてくれるチャクラです。クンダリーニのパワーが眠っているとされています。カラーは赤、又は黒。

スワディシュタナ・チャクラ(第2チャクラ)

丹田(へそ下3~4センチ)にあるチャクラです。スワディシュタナは「甘美な」という意味があります。シンボルは6枚の蓮の花弁の真ん中に、水の元素を表す三日月が位置しています。ここが活性化すると、全身に力がみなぎり、パワーがあふれてきます。その他に人間関係や性的魅力、お金、創造性などを司ります。生存的な欲求、例えば食欲、性欲、睡眠欲など。好き嫌いの感情や、欲求などが個性につながっていくチャクラ。このチャクラには、無意識の自己が存在すると言われています。カラーはオレンジ。

マニピュラ・チャクラ(第3チャクラ)

膵臓のあたりにあるチャクラです。膵臓、胃、肝臓などの消化器系を支配しています。みぞおちの当たりにある太陽神経叢とも関連しています。マニピュラは、「光る宝石」という意味です。シンボルは、10枚の蓮の花弁の真ん中に、火の元素を表す逆三角形があります。意志力を象徴するチャクラ。社会的な役割を果たすための知的なエネルギーをサポートします。その他に自尊心や自己の確立、エゴ、判断力を司ります。カラーは黄色、サフラン色。

アナハタ・チャクラ(第4チャクラ)

心臓のあたりにあるチャクラです。愛のチャクラと言われています。アナハタの意味は、「物と物が触れずにおこる音」「終わりや始まりのない音」などの意味を持ちます。シンボルは、12枚の蓮の花弁の真ん中に、風の元素を表す星型6角形が位置しています。愛情や思いやりを司り、調和やバランスをサポートします。母親が子供に与えるような、見返りを求めない無条件の愛、慈悲の心。自分を受容する心。カラーはグリーン、又はピンク。

ビスダ・チャクラ(第5チャクラ)

喉元の副甲状腺のあたりにあるチャクラです。ビスダの意味は浄化です。シンボルは、16枚の蓮の花弁の真ん中に、逆三角が位置し、その中に満月があります。自己表現やコミュニケーション能力を司ります。対人的、社会的なコミュニケーションの表現をサポートします。声の調子や言葉などの表現方法をコントロールします。カラーはスカイブルー。

アジナ・チャクラ(第6チャクラ)

眉間にあるチャクラです。「第3の目」とも言われます。視床下部、脳下垂体とも関連しています。アジナは「知覚する、知る」という意味を持ちます。シンボルは、中央の目のような、だ円は無限大を意味します。その両端に、2枚の花弁の蓮の花がついています。シンボルの真ん中には逆三角形が位置します。これは、宇宙からの智慧が人間に降りてくるという意味です。直観力や判断力を司ります。このチャクラにプラーナが充填されると、未来の予知と透視能力が身に付くと言われています。瞑想によってこのチャクラを開くことが出来ます。第1~5チャクラまでを指揮します。カラーは藍色、すみれ色。

サハスララ・チャクラ(第7チャクラ)

百会(頭頂部のツボ)にあるチャクラです。脳の松果体にも関連しています。ひらめきや宇宙とのつながりを司ります。サハスララは「千」という意味で、シンボルは、千枚の花弁をもつ蓮の花です。霊視では「1,000枚の蓮の花が紫色の光輪に輝いている」とされています。このチャクラが開くと、宇宙と一体化し、高次元の恍惚郷に入ると言われています。カラーは紫、金、白。

人体宇宙

ヨガでは、人体を七つのチャクラからなる一つの宇宙とみます。

(第1チャクラ)土星
(第2チャクラ)月
(第3チャクラ)火星と太陽
(第4チャクラ)金星
(第5チャクラ)水星
(第6チャクラ)海王星、木星
(第7チャクラ)天王星

 

タイトルとURLをコピーしました